沖縄の青の洞窟に行ってみませんか?

青の洞窟は、今、若い方を中心に、沖縄の人気の観光地の一つとなっております。

青の洞窟は、沖縄本島恩納村にある真栄田岬にあります。

真栄田岬は、東シナ海を一望できるダイビング、シュノーケルスポットとして有名です!

青の洞窟という名称は、イタリアの青の洞窟から名づけられておりますが、イタリアの青の洞窟と比べても、遜色ない青を体験できるのも、人気の一つ。

因みに、沖縄では、クマヤーガマと呼ばれ愛されております。

では、青の洞窟と呼ばれる理由について、説明したいと思います。

実は、青の洞窟は、岬の絶壁が海水により浸食されたためにできた海蝕洞になります。

洞窟の入口から差し込んでくる太陽の光が、透明な海水をそのまま通過して海底で反射し、洞窟内の水面に、神秘的な青の輝きを発することが、青の洞窟と呼ばれる所以なのです。

ちなみに情報サイト【私が思う沖縄の青の洞窟の魅力:http://www.shaktiinfotech.com/】によると、この青の洞窟は恩納村の漁師たちは漁の途中で何かあったときの避難場所として使っていたそうです。

この美しい洞窟は、漁師の方々にとっては非常に身近な場所だったんでしょうね。

沖縄で見られるクマノミは、全部で16種類。

子供さんと一緒にシュノーケリングで可愛い魚を見てみませんか?

また、透明度の高い沖縄の海は、太陽と岩、白浜が、時間帯や気候により、様々な表情を見せてくれます。

思う存分、沖縄を満喫されたい方には、ダイビングがおすすめです。

その沖縄には、いつ行くのが良いのでしょうか?

沖縄は、昼夜の温度差が少ないのが、メリットです。

夜、冷え込むこともなく気温が高く、風が生温い気候が1年中続くという特徴があります。

ですので、青の洞窟に行くには、6月下旬~8月末がおすすめ!

あの沖縄の厳しい太陽を浴び、南国の沖縄の空気を満喫されてみてはいかがでしょうか?

  • Posted on 19. 7月 2014
  • Written by blogger
コメントは受け付けていません。

Comments are closed.